賃貸契約は審査に合格することで可能

"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。家賃の保証契約等を、大家さんと不動産会社で結んでいるケースがあるので、借りる方の家賃の支払能力に重点を置いています。
支払い能力の無い人や、過去にローンやクレジットなどの遅延をしてしまった経験のある人は審査で落とされてしまう可能性があるのです。
不動産会社が貸主代理や、建物の管理を任されているような賃貸物件は、やや審査が厳しくなっています。
個人信用情報機関に問い合わせをしたり、収入証明書の提示が求められたりなどクレジットカードのような審査が行われることもあります。

 

一般の大家さんはそれほど厳しく審査をするようなことはありません。
大家さんがOKを出せば、友人同士や外国人の方でも入居をすることが出来るのです。"



賃貸契約は審査に合格することで可能ブログ:20190711

おいらが幼稚園に入園した日、
忘れられない思い出がある。

新しいカバンに、新しい遊び着、新しいお道具箱…と揃った中に、
ただひとつ、ママが手作りしてくれたものがあった。
それは「ひよこの座布団」。

当時、園児は全員座布団を使用していた。
そのほとんどは集団購入したもので、
デザインはたしか、
男の子は青、女の子は赤色、
厚さが三、四センチはありそうなふかふかとしたもので、
座面には可愛らしいひよこのアップリケが施されていた。

みんなとは異なる座布団は、クラスでおいらただ一人。
色は小豆色、薄っぺらでざらざらとした手触りで、
園児が使うにしては、なんとなく違和感があった。

おいらはママに泣きついた。
「おいらもみんなと同じ、かわいいひよこのついた座布団が欲しい」

ママはその座布団に
ひよこのアップリケをつけてくれたが、
それでもおいらの気分はすぐれなかった。

おいらの座布団はとても目立ったので、
おいらは隠すように急いで席についた。

早く汚れて新しい座布団を買ってもらおうと、
わざと乱暴に扱った。

しかし、他のお子様のアップリケは次々とはがれていくなか、
ママが手作りしてくれたおいらの座布団は悲しいくらいに頑丈で、
びくともしないまま、卒園を迎えた。

少し成長して、中、高校生になり、
おいらは家庭内の状況がわかる年頃になった。

我が家は一家の収入をママに頼っていた時期があった。
それはどうやらおいらが幼稚園に通っていた頃と重なるようである。

おいらは「手作りの座布団は経済的に苦しかったからか」と納得し、
その当時も使っていた、
ママが作ってくれた
ひよこの座布団を好意的にとらえられるようになっていた。

このページの先頭へ戻る